iPhoneがリカバリーモードになってしまった時の解除方法 电脑・网络

iPhoneがアップデート失敗などの原因でリカバリーモードになってしまった時、どうしたら解除できますか?

強制終了と再起動

電源ボタンとホームボタンを同時に10秒ほど押し、iPhoneを強制終了します。そのまま、押し続ければ自動的に再起動します。

iTunesで復元

一番目の方法が解除できない場合、iTunesで復元をします。iTunesで復元をすると、iPhoneのデータは全部消えてしまうので、バックアップがるかどうかを確認してください。また、iTunesに認識されない場合、パソコンの再起動やiTunesの再インストール、パソコンの変換などをお試しください

DFUモードで復元

ある時、リカバリーモードになったiPhoneはどうしてもiTunesに認識されないので初期化ができません。または、復元しようとしても、途中でエラーになってしまって、先に進めません。この場合、DFUモードにして復元してみてください。

DFUモードになる方法
iPhoneをPCに接続してiTunesに起動し、iOSデバイスのホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間長押しします。画面が消えたらスリープボタンから手を離し、ホームボタンだけ押し続けるとDFUモードになります。DFUモードになったiPhoneの画面は真っ黒です。

DFUモードに入ったら、iTunesには「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」というメッセージが出てきます。「OK」をクリックして復元します。DFUモードだけど、画面上ではリカバリモードと書きます。

iTunesから「iPhoneを復元」をクリックし、復元を開始します。

「お使いのiPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?/……」というメッセージが出てくるので、「復元とアップデート」を押します。ここはiPhoneのバージョンが最新ではないと時間がかかります。

アクティベートの画面に入ります。Apple IDとパスワードを入力したら、「続ける」をクリックします。すると、iPhoneを再起動します。

再起動した後、新しいiPhoneとなります。新しいiPhoneとして設定するか、バックアップから復元するか選択できます。自分で状況で選んでください。

ソフトで解除

ソフトによりiPhoneをリカバリーモードから解除するのは、iPhoneのデータを消去してしまうという心配がないのです。iPhoneのデータを残りたい人は、この方法がおススメです。
http://www.fonepaw.jp/tutorials/get-iphone-out-of-recovery-mode.html


キーワード
iPhoneリカバリーモード

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

FC2ID新規登録

ログイン

▲ PageTop