全ATMコーナーにポータブル迷惑電話妨害器を設置 其他

今年8月17日に全銀協がATMコーナーでの携帯電話禁止処置を発表しました。各行は、ATM周辺に携帯電話使用を遠慮するようにとのポスターを掲示しました。一方で、巣鴨信金のように無人ATMコーナーでの振込をやめるという金融機関が出てきたり、千葉銀行のように携帯電話通信抑止電波発信機の設置を検討する銀行もあります。もともと、ATMコーナーは狭いスペースですので、ここで携帯を使う人は少ないと思います。しかし、周辺に人がいない場合を考えると、携帯という被害者と犯人の通信手段を遮断することに効果を期待するのでしょう。強力携帯電波妨害器
http://www.buygoing.com/phone-jammer-a6004.html
経済原理の問題ではないと考えればの話ですが。一台100万円程度の費用がかかるそうですから、全ATMコーナーにポータブル迷惑電話妨害器を設置するよりも、犯人グループに金を払った方が経済的です。銀行にとっては、公共性の発揮であり、CSRの一貫ということで考えるしかありません。それにしてもリテール・バンキングはコストのかかるビジネスです。
http://www.buygoing.com/phone-jammer-a7001.html
振り込め詐欺において、詐欺師が金を騙し取ろうとする相手をATMまで誘導し、携帯電話やPHSで通話しながらATMを操作させ、振り込ませるという手法がある。 この対策として2008年(平成20年)千葉銀行が全国初の取り組みとしてATMコーナーに設置[3]した。2010年(平成22年)には他の県内3金融機関と共同して共同ATMコーナーに設置[4]した。
http://www.buygoing.com/phone-jammer-a8008.html
近年の携帯電話やPHSの急速な普及に伴い、劇場やコンサートホール、映画館において、携帯電話等の呼び出し音が他の方々に迷惑をかける事例が多く発生していることから、携帯電話等の呼び出し音や通話を抑止する機能を備える無線設備(携帯電話等の通信機能抑止装置、以下「携帯妨害機」と言う。)を用いて、呼び出し音等による迷惑防止を図る動きが出ています。また、商店や会社、一般家庭においても、同様の理由やセキュリティ等の対策として、電波妨害装置 販売の設置を検討される方が増えてきています

キーワード
b

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

FC2ID新規登録

ログイン

▲ PageTop